2015年05月12日

空家等対策の推進に関する特別措置法案の施行

背景

適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしており、地域住民の生命・身体・財産の保護、生活環境の保全、空家等の活用のため対応が必要(1 条)
参考:現在、空家は全国約 757 万戸(平成 20 年)、272 の自治体が空家条例を制定(平成 25 年 10 月)

特定空家等に対しては、除却、修繕、立木竹の伐採等の措置の指導・助言、勧告、命令が可能。
さらに、要件が緩和された行政代執行の方法により強制執行が可能。(14 条)

特定空家等に対する措置
市町村が行う空家等対策の円滑な実施のために、国及び地方公共団体による空家等に関する施策の実施
に要する費用に対する補助、地方交付税制度の拡充、必要な税制上の措置等(15 条)

「特定空家等」とは、
① 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
② 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
③ 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
④ その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態


■実績はゼロ■
県内では9市町が既に空き家管理の条例を制定。8市町では代執行ができる。しかし、現段階で実績はゼロ。今後は法律の後ろ盾を得て動きやすくなるが、事はそう単純ではない。

複数の市町職員は「空き家を長年放置している人から、代金を回収できるのかという不安がある。法律によって撤去しろという風潮になると、逆に困る」「代執行をするにしても、審議会などでその都度是非を判断する。煩雑な作業が必要になる」。地方の声を受けてできた法律だが、ある市職員は「自分で自分の首を絞めてしまった」と自嘲気味に話す。

県がまとめた2012年度の調査によると、県内の空き家は約1万戸で、廃屋は約500戸。10年の国勢調査では、県内の一人暮らしの高齢者は2万1356人おり、今後も空き家が増えるのは確実。

■税額は同じ■

空き家には明確な定義がなく、敷地は「住宅用地」になるため、更地に比べて固定資産税が6分の1になる優遇措置がある。これが撤去が進まない理由とみられることから、特措法では、特定空き家については、優遇をなくす方針。

 「特定空き家に指定されないよう、所有者が管理するようになる」という声はあるが、多くの市町は「撤去が進む効果はないのでは」と疑問視する。空き家のままでも、更地にしても固定資産税が同額であれば、結局は撤去しない。

越前市の担当者は「後々壊すから、と所有者に言われた場合、税額はどうすればよいのかなど、非常に悩ましい」。大野市の担当者は「土地と家屋の所有者が違う場合、土地の所有者は税金が増えることを恐れ、空き家の撤去に反対する、ということになりはしないか」と話すなど、先行きを不安視する声が多い。

posted by BJ at 00:02| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

ふつーに咲いていても,咲いているだけじゃねえ。。

ふつーに咲いていても,咲いているだけじゃねえ。。


確かに,この辺では見掛けないような植物(動物も)や自然を,結構,普通に見掛けますよね。
なので,高い費用と長い時間をかけて行くのです(でなきゃ,何しに行くの?),ということになる。

ただ,最近の世界文化遺産ブームは別にしても,ただそこにあります,だけでは,何か物足りない,というのか,長い年月をかけて人間が手をかけ,作り上げてきたものが付加価値を生むのであって,ただの自然がといっても,たとえば,自然というだけなら,アラスカやらシベリアやら中国の方が,もっと雄大でスケールの大きいものがあるわけだし,(手つかずの物が)そこにある,だけでは,ちょっと役不足かもね。

ただ,毛皮にしろ,鮭にしろ,にしんにろ,近年では,石炭にしろ木材にしろ,結局,「そこにあるもの」を売って,要は,手間ひまかけずに大金が手に入ってきた商法でやってきたのだから,むずかしいかもね。
posted by BJ at 15:11| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

北海道を函館から稚内まで路線バスで,4泊5日で北海道を縦断できるそうです。

以前,テレ東の番組でもありましたが,函館から稚内まで路線バスを乗り継いで北海道を縦断することができるそうです。普通に行って4泊5日の気の長い旅程ですが,北海道はそれほど広い,ということです。

さらに,函館→根室,稚内→根室,となると,ほとんどクレイジーですが,バス会社が作成した旅程表では同じように4拍5日の長旅です。

確かに,厳しいことは厳しいのですが,路線バスを乗り継いでも行くことは行ける,というのは少々感動的です。

posted by BJ at 17:31| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。