2015年07月02日

鉄道のセキュリティー

新幹線にガソリンを持ち込んで焼身自殺や,特急列車にナイフを持ち込んで振り回す,等,列車のセキュリティーに関わる事態が目立つ。これまでそういうことがなかったというだけで,今後もないとは限らないのは世の常であるが,欧州の高速列車並の手荷物検査が無理なのであれば,利用者側も,そういうものだと覚悟しなくてはならない。特に,遠距離を行く,高速鉄道では,緊急停車しても,すぐに消防車や警察が来てくれるとは限らない。

JR北海道では,石勝線内のトンネルで特急列車の脱線火災事故があったし,4月には青函トンネルを走行する列車から煙が上がる,という事故があった。古くは,北陸線の北陸トンネルでの事故などがあるが,既に新幹線には延長20キロを超えるようなトンネルが5本も存在し,今後,北海道新幹線が開通して,もし,青函トンネルを走行中の新幹線の車中で今回の事件と同じこのが発生した場合,対応が可能なのか,全く疑問である。

安全意識の向上,一辺倒のJR北海道には新幹線は荷が重すぎるのではないだろうか。


posted by BJ at 09:22| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。